自転車レース

自転車レース、どんなレースを観に行こう?

近年盛り上がりをみせるスポーツ自転車ブーム。
それに後押しされるように、プロ選手が出場する自転車レースも、いまや日本中で開催されるようになっています。
一番有名なのはオリンピック競技として採用されている競輪をはじめとしたトラック競技なのですが、プロのレースは実に様々な形式があります。
最も長く、過酷なのがステージレースと呼ばれるもの。
100kmを超えるようなコースを何日も連続で走り、総合タイムが最も早い選手を決定します。
逆に一日で勝負をつけるワンデー形式の場合には、その一日にかけて全力を振り絞る選手たちの激突を観ることができます。
クリテリウムは、主に街中で行なわれる中距離競技で、同じコースを何度も周回して勝負します。
観戦するファンにとっては、何度も選手が走ってきてくれるので本場ヨーロッパでは人気の高い形式ですね。
一風変わった形式がヒルクライムで、これは高い山の上に設定されたゴールを目指して、選手たちが一気に自転車で駆け上がっていくものです。
平地とは違って選手は耐久力勝負を強いられますが、声援を送りやすくく、選手が身近に感じられるということで、これもまた本場では人気のある形式です。

自転車のレースはロードバイクを中心に国内でも盛んに

ある程度ロードバイクタイプの自転車に慣れてくると、ヨーロッパを始めとしてメディアにおける露出も比較的多く、格好良さを感じるこれらのレースへの出場も視野に入れ始める人も多い事でしょう。
幸い、日本国内にも運営体系がしっかりとしており歴史もあるレースが定期的に開催されている他、ローカルなスポットレースも時折開催される様になり、初めての人でもエントリー出来るチャンスは非常に高くなっています。
その理由としては、これらの競技において個々の能力ごとにクラス分けが細かく行われており、自分の実力に近い人同士で競技を行う事が可能となっているからです。
また個人参加可能なタイプとある程度の人数を有したチーム単位での登録が必要なタイプがあり、条件に合わせて選択する事も出来ます。
例えば、普段から独りで黙々と練習をこなすタイプであれば、前者の方が集中力も維持出来、能力を発揮し易いですし、普段から友人・知人とツーリングのチームを組んで練習しているなら断然後者の方が適しています。

Valuable information

軽井沢の土地情報

https://www.shinkofudousan.jp/

Last update:2015/6/15



Copyright (C)2009 サイクリング日和.All Right Reserved.