防犯対策の重要性

自転車の防犯対策ともしもの時のために

自転車の盗難を防ぐには、どんな状況で盗まれているかの情報を得ておく事も重要です。
まず、盗難に遭いやすい場所として、警察の調査では盗まれる自転車の半数以上は駐輪場で被害に遭っているというデータが出ています。
次いで住宅密集地や路上となっていますが、盗まれやすい原因のひとつに、施錠していない自転車が多数あるという事です。
実際の盗難対策としては、鍵や錠は前後輪など複数装備する事や、屋内など犯人に目を付けられない場所に保管すれば盗まれにくくなるでしょう。
また、万一盗まれた場合に備えて、防犯登録は確実に行なっておきたいところです。
防犯登録は購入した販売店やホームセンターなどで登録出来ます。
身分を証明出来るものを持参して登録カードに住所、氏名などを記入して登録料を支払います。
加えて、引っ越しするなどして住所が変わったときは有効期限が過ぎて盗まれて発見された場合に、本人の物であるかどうかの確認が難しくなるので、近くの交番や警察署で変更の手続きをしておくのが良いでしょう。

自転車の防犯対策の重要性について

自転車は誰でも手軽に運転できる乗り物として広く普及している反面、盗難被害に遭いやすい特徴があります。
自転車に付随している鍵は構造が単純な物が多いため、簡単に開錠されてしまうのが盗難の件数が多い原因です。
また、車体が軽いことから持ち運びを容易に行うことが出来る点も注意します。
盗まれた自転車は転売される他、ひったくりなどの犯罪に使われることもあるため日頃から防犯対策に気を配ることが所有者の社会的な責務です。
最も効果的な防犯対策である鍵の交換については専門業者が扱う頑丈な構造の商品を使用します。
工具を用いたこじ開けにも強い耐久性を持つので、愛車が盗まれるリスクを軽減することが可能です。
また、第三者が触れると警報が鳴る装置の取り付けや購入時に防犯登録の手続きを行うのも盗難被害を避ける方法の一つです。
日頃からの取扱いにも気を配り、長時間使用しない場合は鍵付きの保管所に仕舞う習慣を持つように心がけます。

check

Last update:2016/4/28



Copyright (C)2009 サイクリング日和.All Right Reserved.